妖怪に用かい?

tervetuloa !

私には妹が二人いる。2歳ずつ違うだけで同じような年齢なのだが、いつまでたっても可愛くて愛おしい。

先月、帰国した際に今回は東京の妹のところにお世話になった。
私と同じようにアニメやマンガ好きで、妹がハマっているカラオケに行ってみたところこれがまた楽しいのなんの。最近のカラオケはアニソンもどっさり、果てはメタルの曲まであったりする。

この中間子が大酒飲みで酔っぱらうと大荒れの可能性が大。
この間もかなりヤバい状態ではあったが私のダンナもいたせいか最悪は免れた。

が、一人で歩けないほどの大酔っ払い。
コイツを抱えて支えて歩きながら、「こいつ、なんて可愛いんだろう」とつくづく実感したものだ。

一昨年、末の妹が頭蓋骨を削らねばならないという大手術をした。
ドイツにいて今日は手術の日、もう始まったかな、失敗なく終わったかな、痛みはないのかな、などなど、しじゅうどうしているのか気になっていた。

末の妹はクールで落ち着いていてややもすると一番お姉さん?とも見られがちだが、やはり長子の私としては、何かあればこちらが守ってあげたい。

先日、ダンナのママが亡くなった。今年は近親者を失った近い知り合いがなんだか多かった。

妹が亡くなるなんてことは考えたくないが、生きるものすべていつかは死ぬ。
母が亡くなった時はこの世の終わりのようだった。
が、時間とともにそんな打撃も薄れてきている。
生きている限り、生きるための毎日が動いている。
妹が私より先に亡くなってしまったら、また同じ身を切り裂くような辛さに襲われる。
でも、私が先に死ぬとしたら、妹がその苦しみを受けるんだろうな、、、。

 

死が来たら、素直に受け入れるしかないな。。誰の場合でも。。。

f:id:yukikatze:20191219065907j:plain f:id:yukikatze:20191219070330j:plain f:id:yukikatze:20191219065940j:plain